×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

このページへの直リンク禁止


ゲームなどの実況では、スクショの配信が一般的になりました。
ここでは必要最低限のスクリーンショット配信の仕方を説明します。

まずは仕組みを理解

これは非常に簡単な仕組みなのです。非常に単純明快です。
一定間隔でキャプチャ画像をサーバに送り、送るごとに画像を上書き。
配信ページでサーバの画像を読み込み、JavaScriptなどの記述言語で
画像だけを自動でリロードする。これの反復作業なのです。Flash版も同じ。

HPスペースを借りる

配信ページを作るには、まずはHPスペースを借りねばなりません。
転送量が無制限で、一行広告しかないNINJA TOOLSがお勧めです。
借りたら管理ページより、無料HPパーツを作ってHPスペースを作ります。



↓パーツ名などを決めて作れたら



↓入ったらFTP情報・アップロードへ



入ったら下記のが表示されています。
FTPサーバアドレス
FTPユーザ名
FTPアクセスパスワード

これをメモか、もしくは表示させたままでいて下さい。

FFFTPでサーバに接続

次にサーバにページをうpする準備です。
FFFTPをダウンロード。起動後、新規ホストへ。



↓次にさっきのサーバのアドレスなどをここにいれます。



そしてOK。あとはホストの設定で設定した名前を選択し、接続すれば
サーバの中身が見れるはずです。中身のindex.htmlは消して構いません。

VIPLiveのDL・設定・アップロード

次にスクショをうpするVIPLiveをダウンロードします。
iniの設定はサイト内の解説にあるのでそこを参照。

簡易設定例(viplive.ini)

次に肝心の配信ページですが、メモ帳を開き、上記解説、
自動更新HTMLの項目のJavaScript版をコピペして下さい。
あとは説明に従い、自分の設定に書き換えれば完了です。

簡易設定例(index.html)

↓フォルダを作り、上記二つのファイルとviplive.exeが入ってればおk。

VIPLiveでサーバに画像をうp

あとはviplive.exeを起動して下さい。
起動後、三秒以内に配信物を前面に表示して下さい。



上記画像の例はソリティアを配信する様子。
yを入力後→エンターで、例ではソリティアが配信されます。



自分のHPアドレスは上記画像の所で確認出来ますこれで完成です。

Flash版は?

こうちゃん氏作のFlash版を入れましょう。同梱の説明に従えば出来ます。
これも画像など全て同じフォルダに入れて下さい。ページのアドレスですが、
同梱のflash.htmlを使った場合、上記の例ならばhttp://sen.ifdef.jp/flash.html
※Flash版・JavaScript版共に新しいフォルダ作って全てのファイル入れとけば無難。